:DTP

DTP

用途別分類(カテゴリー)別

.. DTP.. .. .. .. ..
.. .. .. 分類説明一覧

DTP

(1)234...10»

RIP

読み:  解説:プリンタやイメージセッタなどの出力機でラスター画像を生成するシステム(Raster Image Processor)。Pos...

RGB

読み:  解説:加法混色による光の3原色(レッド・グリーン・ブルー)。モニターなどで表示される。値の表記方法としてDe...

RGBA

読み:  解説:RGBの色空間にアルファ値を加えたもの。

読み:  解説:モニターやプリンタにおいての色空間の再現方法について記述したファイル。CMSで利用される。

読み:  解説:出力すること。出力物。output。

読み:  解説:フォントの形式のひとつ(Outlinefont)。文字の形をアウトラインのデータで扱っている。ビットマップフォ...

Active Share

読み:  解説:Adobe Systems社のデジタルフォトアルバムソフト。Photoshop 5.0 Limited Editionに同梱されていた。後にP...

Acrobat

読み:  解説:Adobe Systems社のPDF編集ソフト。いくつかのバージョンがある。Adobe Acrobat 3Dでは3Dデータを扱うこと...

Apple

読み:  解説:アップル。1977年に設立されたパーソナルコンピュータメーカー。Macintosh、ipodが有名。2007年にApple Co...

Adobe

読み:  解説:アメリカのソフトウェア会社。アドビシステムズ。AdobeSystems。PhotoshopやIllustratorなどDTPソフトを数...

AdobeRGB

読み:  解説:Adobeのアプリケーションなどで使用されるICCプロファイルのひとつ。sRGBより広く定義された印刷用色空間...

Adobe Reader

読み:  解説:Adobe Systems社のPDFファイルを表示、印刷するためのフリーソフト。ドコモのFOMAにAdobe Reader LEが採用...

Atmosphere

読み:  解説:Adobe Systems社の3DWeb画像作成ソフト。無料のAtmosphere Playerによって閲覧できる。対応ブラウザはWind...

読み:  解説:GIFの拡張仕様のひとつ。ひとつのファイルの中に複数の画像を保存し動画を表現できる。

Aperture

読み:  解説:アップルのMacOSX専用のRAW画像現像、編集ソフト。iLife、iWork、iPodとの連携ができる。

読み:  解説:画像の輪郭をシャープにする機能。

読み:  解説:デザインソフトにある機能。輪郭を灰色のピクセルで埋めて画像データが滑らかに見える機能。ジャギーを目...

EPS

読み:  解説:PostScriptベースの画像ファイルフォーマット(Encapsulated PostScript file Format)。ベクター形式の画...

読み:  解説:レイアウトソフトなどで作成したデジタルデータを製版のフィルム、刷版に出力するシステム。PostScriptRIP...

ImageReady

読み:  解説:AdobeのWeb向けの画像編集ソフト。アニメーションやロールオーバーの作成、HTMLやFlashで書き出しができる...


(1)234...10»
戻る | トップに戻る ]
Powered by Xwords based on Wordbook
メインメニュー
PR
レスポンシブWordPressテーマ
ランダム用語辞典
CI []
コーポレートアイデンティティの略。Corporate identity。マーク、ロゴタイプ、シンボルなどで企業のイメ...
新着デザイン
人気デザイン用語
  •   [20988hit]
  •   [19371hit]
  •   [17216hit]
  •   [15719hit]
  •   [12043hit]
Go Page Top